行政書士の外山太朗(とやま たろう)です。

弊所は業界最安値水準で建設業許可申請に専門特化した行政書士事務所です。

 

建設業許可は行政書士とやま事務所におまかせください!

 

弊所は神奈川県・東京都だけでなく、千葉県や埼玉県の建設業許可も専門特化しております。

ご相談は何回でも無料です。お気軽にお問い合わせください。

 

建設業許可取得の際、用意すべき書類が異なるケースがある?

建設業許可を取得するには要件を満たすことを書類上で証明する必要があります。

ただし、審査行政庁によって証明のため、用意すべき書類が大幅に異なる場合もあります。

 

どのような場合に用意すべき書類が異なるのか

たとえば、建設業許可において、「経営業務の管理責任者を置く」という要件があります。

経営業務の管理責任者は、一般的に、建設業の経営経験のある役員や個人事業主の方がなることができます。

 

この証明に際し、たとえば神奈川県の場合、年に1件の注文書などの裏付資料が必要となります。他方、東京都の場合、月に1件以上の注文書などの裏付資料が必要となります。

 

建設業許可は建設業を営む営業所の所在地を管轄する行政庁に申請をします。

審査行政庁によって求められる用意すべき書類が異なるので注意が必要です。

 

建設業許可は専門の行政書士とやま事務所におまかせください

この度、東京都町田市の事業者様より建設業許可の新規申請のご依頼を頂き、何事もなく受理されました。

 

弊所は業界最安水準の報酬額で建設業許可に専門特化した行政書士事務所です!

お気軽にご連絡・お問い合わせくださいませ。