こんばんは!

 

横浜・川崎の行政書士の外山です。

そとやまではなく、「とやま」と読みます。

 

このブログは行政書士の外山が運営しておりますが、

そもそも「行政書士」ってなんなの?

 

そういった疑問についてブログを通じてお答えします!

 

行政書士とは

行政書士とは国家資格のうちの一つです。

行政書士法に基づく資格で、官公庁に提出する書類や権利義務・事実証明に関する書類の作成、提出手続などの代理、作成に伴う相談などに応ずる専門職です。

 

まあ、簡単に言っちゃえばお客さんのために書類を作成したり、作成のために相談に応じたりする職業です。

 

行政書士の扱う業務の種類はとんでもなく幅広いです。

日本行政書士会連合会によると、その数は1万種類を超えるとか。

業務の例を挙げるとすると、建設業許可や産業廃棄物収集運搬許可、相続・遺言、内容証明の作成、自動車登録などが挙げられます。

 

日々、国会により新たな法律が制定されています。

たとえば「ドローン飛行に関する法律」「民泊に関する法律」とかです。

あれも行政書士がお客さんの代理で書類の作成や申請ができます。

 

このように行政書士の業務はとんでもなく広いのです。

 

ただ、ぼくの周りの先生方を見ると幅広く何でもやられている先生は割と少ないです。

みなさん、それぞれの専門分野があります。

専門分野外のご相談があった場合、知り合いの専門の行政書士の先生にお願いする…なんてこともかなりよくあります。

 

外山は建設専門

ちなみにぼく、外山の専門分野は建設業許可です。

また、建設業許可に付随する産業廃棄物収集運搬許可や宅地建物取引業許可も承ります。

それ以外にも会社設立とかやらせていただいていますが、もっぱら建設業許可に関連するものが圧倒的に多いです。

 

以上、簡単ではありますが、行政書士の業務についての紹介でした~。